日本データテクノロジーのデータ復元等のサービスについて

料金設定

日本データテクノロジーの料金設定について

日本データテクノロジーは壊れたハードディスクの中身を復元しています。覆水盆に返らずという言葉があるように、失われたデータは通常のやり方では取り戻せません。しかし特殊な設備や専門のスタッフを集えば、不可能を可能に転じる事ができるのです。日本データテクノロジーが最初に要求する事は、壊れたハードディスクの検分です。どのようなトラブルかを判断するためには、現物を見なければ知る事ができません。復旧できない可能性もあるので無料で診断を実施しているのです。復旧できると判断したら現状と必要なお金について書かれた見積書をユーザーの元に送り届けます。日本データテクノロジーのサービスの料金は、記憶媒体の状態によりますが数十万円を要すると言われています。

人件費が大部分であるため大きな変動はない

日本データテクノロジー以外にも、復旧を専門とする業者は存在しています。彼らの要求する料金も大きな違いはありません。しかしワンストップ対応が可能な日本データテクノロジーの方が、料金面は良心的だと評価する人もいます。データ復旧において求められる料金の内訳は、新品の部品の代金とスタッフの技術提供費用です。ハードディスクは昔と比較すればかなり安くなっています。だから交換に使う部品代は値下げされているという事です。しかしスタッフの作業費は大きな変化がありません。なぜなら日本における人間の給与は、激しい変動をしていないからです。給与によって人間の生活は保護されています。人件費の低価格化は生活を侵害する行為なので、技術員のサービスの料金を下げにくいのです。

オススメリンク

↑ PAGE TOP