日本データテクノロジーのデータ復元等のサービスについて

業者に相談する

パソコンのデータ消去については一度専門業者に相談するのが得策です。

 パソコンの記録媒体への情報記録は、ファイル名などを記録管理する部分と実データを記録管理する部分が関連付けられて管理されています。  従って、パソコンのファイル名を消去してもデータ消去が完了したことにはなりません。  万一パソコンの復旧や、処分等を行う場合には、この実データを上手にりょうすることで復旧に貢献したり、情報の漏えいを防ぐ事が可能になります。  もしパソコンがトラブルを起こしたことによる復旧作業を行う場合には、一旦利用を中止してUSBドライブなどから基本OSを立ち上げなおして本体内のハードディスクの中身を吸い上げるようにします。  また、廃棄処分等にする場合には、本体内のハードディスクのデータ消去専用ソフトを利用して完全消去処理を行うことが大切です。  いずれにしても、パソコンのデータ消去については、一度は専門業者に相談してから処理を行うようにするのが得策です。

アプリケーションの誤作業によるファイル消去は復旧できる可能性が高いです。

 パソコンを操作していて、誤った操作によって従来のファイルを消してしまうことが多々あります。  一見、消去してしまったファイルは完全にデータ消去されていると思われがちです。ところが、ほとんどの基本OSのファイル管理機能では、ファイル名などの情報管理と実データの記録呼び出しは別個に管理されているのが一般的です。万一、誤って消去してしまったパソコンのファイルですが、実はデータ消去はされずにファイル名が除去されており、見かけ上はデータ消去されたように見えますが、実データは残っているためファイルの復旧は可能な場合が多いのです。  最近では、パソコン内のファイル情報を復旧させるためのアプリケーションが無料公開されていることもあり、一般のユーザーでも比較的簡単にファイル復旧を行う事ができます。  誤作業しやすいと思う場合は、必ずファイルのパックアップをとることも忘れずに行なうことが大切です。

↑ PAGE TOP