日本データテクノロジーのデータ復元等のサービスについて

データ管理をする

データ管理とバックアップ

個人ユーザーが、多種多様なネット端末から常時接続をし、様々なデーターをネット上から、ダウンロード、アップロードする時代に、ビックデータ提供する各事業者はデータを物理的に管理することを迫られた。 サーバー本体の発熱からシステムダウンを防ぐために、データセンターの24時間の空調管理 大規模災害時に備えデータセンターの免震構造化、電源確保のための発電機および蓄電池によるバックアップ電源の確保。データセンターの早期復旧ためのデータのバックアップなどの必要性がでてきた。そのためデータセンター各事業者はデータセンターのコストアップに悩まされる。そこで、hdd各メーカーはhddの小型化、省電力化、高集積による容量アップなどの技術開発でコストダウンの成果を上げている。 また、hdd各メーカーは、個人ユーザー向けに大容量化したhddを製造販売をしている。このことで個人が、大容量のデーターを扱うこととなり、個人においてもデーターのバックアップ、復旧することが生じhdd各メーカーまたは販売各社が、データー復旧のサービスを提供している。個人向けにデーター管理、バックアップ復旧のためのサーバーを提供する事業者現れた。

hddの歴史と新しい記憶装置

現在のhddの歴史は、1956年に発表されたIBM350ディスク記憶装置までさかのぼり、その後、1961年に発表されたIBM1301ディスク記憶装置によって基本的技術が確立されたとも言われている。そのIBMのhddの歴史は、2002年に、日立にhdd事業を売却したことで終わりを告げる。その日立は2011年に、hdd事業をウエスタンデジタルに売却することになる。 ウエスタンデジタルは、一時経営の多角化を目指したが、その後hdd事業に専念することになるが、ビックデータの出現があり、その選択が正しかったことを証明することとなる。現在はこれまでの構造とは根本的に違う、半導体メモリーを用いたSSD(ソリッド・ステート・ドライブ) が記憶装置として開発されている。可動部品が少なく耐久性が高く小型で処理スピードが高速、消費電力を抑えることができる。

↑ PAGE TOP